×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 徳順寺の歴史

嘉永年間、真宗門徒集まり、念仏を称え念仏堂といわれていた。
この念仏堂に御絵像(阿弥陀如来)を安置し、留守居番を置き御供養を申し、時々名僧を招待して御示談を願う。尾張第二号の掛札下付(年時不明)
明治6年から1年間清洲義校(清洲小学校のはじまり)を設置
明治18年、説教場認可
明治24年、濃尾大震災により倒れる
明治25年、有志により再建
大正9年、木田福田寺より本尊を申し受ける。
大正15年、信徒の懇志により座敷を建立する
昭和17年、清洲教会の名称を認可される
昭和27年、宗教法人 徳順寺の承認を得る。
平成6年、本堂を再建、落慶法要
現在に至る。